CV

Kazuma KOIKE
Born in 1980 and lives in Osaka. Graduated from Department of Sculpture, College of Art at Nihon University. Koike uses ancient idols and plants as motifs of his ceramic sculptures, drawings and paintings. His selected exhibitions include: solo exhibitions at AISHONANZUKA (Hong Kong, 2019, 2016, 2013), TEZUKAYAMA GALLERY (Osaka, 2017, 2014), VOLTA 12 (Basel, 2016), VOLTA NY (New York, 2016) and AISHO MIURA ARTS (Tokyo, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013) and group exhibitions Enokojima Art Days 2017 OTHER WAYS (Osaka, 2017), Waxing and Waning at hpgrp GALLERY TOKYO (Tokyo, 2015).

小池 一馬
1980年生まれ、大阪府在住。幼少期をブエノスアイレス、高校時代をバルセロナで過ごす。日本大学藝術学部美術学科彫刻専攻卒業。偶像や植物をモチーフに、セラミック彫刻、ドローイング、ペインティングを制作している。「架空の古代遺物」というテーマのもと、異なる場所/時代に由来する遺物のイメージをミックスして作られる作品は、どこにも属していないかのような独特の浮遊感をまとっている。また、作品の中に現れる植物のイメージは「人の創造を越えた形」に対するスタディであると小池は言う。主な展示に、AISHONANZUKA(香港, 2019, 16, 13)、TEZUKAYAMA GALLERY (大阪, 2017, 14) 、VOLTA 12(バーゼル, 2016)、VOLTA NY(ニューヨーク, 2016)、AISHO MIURA ARTS (東京, 2013, 12, 11, 10, 09)での個展、「江之子島芸術の日々 2017 他の方法」 (大阪, 2017) 、「満ちる欠ける」hpgrp GALLERY TOKYO(東京, 2015)などのグループ展への参加がある。

CV EnglishCV Japanese